途中経過その3